インデックス投資

投資信託とは?初心者にもわかりやすく説明!

 

悩んでる人
投資信託ってそもそもなんなんだろう?制度がよくわからないし、なんだか怪しい印象がある。投資信託がなんなのか知りたい。

 

こんなお悩みを解決します。

 

先日こんなツイートをしました。

 

投資信託ってよくわからないから始められない、けど将来のお金のこと考えたら何かを始めたい、そう思っている方向けの記事です。

 

本記事の内容

・投資信託とは?

・投資信託が初心者にオススメな理由

・投資信託のリスク

 

 

本記事の信頼性

この記事を書いている私は、投資信託を毎月購入して3年目になります。私と嫁の投資信託をすべて合わせると90万円ほど投資をしており、利益は10万円強まで成長しました。今年は毎月23万円ほど投資信託に積み立てます。

 

投資を始めようとしている方に投資信託の概要をわかりやすく説明します。私も投資信託の購入をしており、利益は10万円以上出ています。

 

初心者の方が投資信託を理解することで、株式投資を始めることができますよ。

 

3分で読めるので、投資信託で投資を始めたい方は最後まで読んでみてください。
ちゃぴ太郎

 

投資信託とは

投資信託とは簡単にいうと株式の詰め合わせパックです。「投資信託」という商品の中身は数十から数千の株式企業に投資をしているということです。

 

投資信託の仕組みは少し複雑ですが、投資をするだけなら理解しなくても大丈夫です。一応説明します。

 

投資信託を購入すれば、プロが投資信託の中身である数十以上の株式を選んで購入・売却などの運用を勝手に行なってくれるのでオススメです。

 

投資信託は株式の詰め合わせ

投資信託とは様々な株の詰め合わせセットです。数十〜数千種類の株が投資信託に入っています。

 

高成長企業が多い投資信託や、Google, Amazonなど有名巨大企業を集めた投資信託など様々あるので、自分に合った投資信託が見つかると思います。

 

投資信託は、たくさんの企業に分散投資できる点が素晴らしいんです。

 

株式投資の世界ではリスクを下げるために分散というキーワードがあります。めちゃくちゃ簡単にいうとたくさんの種類の株を持てば損する確率を減らせるということです。

 

トヨタ、NTT、味の素、武田薬品工業、JALみたいに複数の株を買っておけば、JALが苦境に立って株価が下がっても他の株価の値上がりでカバーできます。

 

ちゃぴ太郎
実際に多くの有名投資家も投資信託を購入しているワン!

 

投資信託の仕組み

投資信託の仕組みは少し複雑ですが、投資をするうえで知らなくても良いことです。最低限知っておいてほしいことだけ説明します。

 

ポイント

①投資家のちゃぴ太郎や皆様は、投資信託を購入します。

②投資信託の中身である株などを売買するのはファンドという企業です。

③ファンドは投資家から集めたお金を、株式、債券、不動産などに投資します。

④株式、債券、不動産は日々価格変動するため、投資信託もつられて価格変動します。

 

投資家は投資信託を買うだけ、投資信託はファンドが運用し、世界中から良さそうな企業の株などを売買するだけです。

 

投資家が利益を出すためには、投資信託を購入したあと投資信託の価格が上がっていかなければいけません。投資信託の価格が上がるには中身の株式の価格が上がらないといけません。なのでファンドはこれから株価が上がりそうな企業を選別して投資をしてくれます。

 

投資家はファンドにおんぶに抱っこなのですが、きちんとお礼のお金も払わないといけません。それが信託報酬料です。

 

投資家は運用してくれる手数料としてファンドに信託報酬料を払います。信託報酬料は約0.1%〜1%だと思ってください。1%を超える投資信託は買わないほうがベターです。

 

投資信託の仕組みは以上です。

 

プロが運用

投資信託はファンドというプロが運用してくれます。

 

企業の財務分析やビジネスモデルをチェックしたり、社長や広報担当などにインタビューして情報を収集し、株価が上がりそうな企業を選別してくれます。

 

投資信託は数十以上の企業です。例えば100企業の財務分析をわたしのようなサラリーマン投資家ができるかというと時間的にも質的にも厳しいです。

 

分析ができたとしても投資資金が足りないです。2021年1月現在、アマゾンの株を買うためには30万円必要です。

 

自分だけで10企業に投資しようとすると100万円くらいかかってしまう可能性が高く、いきなりそんな大金出せないですよね。

 

投資信託はプロが選別したたくさんの企業に少額で投資できる素晴らしい商品です。

 

投資信託が良い理由

投資信託はプロが運用してくれるので素晴らしいことをお伝えしました。じつはプロがやってくれる以外に良い理由はたくさんあります。私が特に大切だと思う3つのメリットを紹介します。

 

100円の少額から投資できる

投資信託は、楽天証券とSBI証券で100円から投資信託を購入できます。少額すぎてびっくりしたんですが、投資を始めたいけど怖いという方には始めやすい金額かなと思います。

 

例えばちゃぴ太郎がGoogleとアマゾンの2つの企業に投資しようとすると、投資に必要な金額は50万円くらいです。

 

投資信託なら、数十以上の企業に1万円程度あれば投資ができます。最初に記載の通り100円から投資できる証券会社も登場しています。

 

給料手取り20万円で家賃、光熱費、交際費、、、などで月に5,000円しか投資に回せないという方も投資信託なら世界中の企業へ投資できます。アマゾンの株価は伸びそうと思っても30万円ないと買えないんです。

 

月5千円なら年6万円も投資することになります。利益が5%だとすると、3千円が利益の金額です。もちろんコロナショックのような事態が起きれば逆に下がって損失が出てしまうこともあります。

 

1年単位ではなく20年、30年という長期目線で投資をすることをオススメします。理由は〇〇ショックがあっても過去の実績から株価は右肩上がりなので、利益が出る確率がかなり上がるからです。

 

少額で投資を始めることに興味がある方は以下の記事を読んでください。

 

自動積立で手間入らずで投資できる

投資信託のもう一つのメリットは自動積立です。

 

自動積立とは、始めに簡単な設定をするだけで、自動的に投資信託を購入してくれるシステムです。設定することも簡単で主に3つです。

・購入する投資信託を選択

・毎月いくら購入するか金額を設定

・購入日を設定

 

投資信託といっても種類がめちゃくちゃ多くあります。日本株メインだったり、米国株メインだったり、世界中の株の投資信託もあります。債権や不動産もあります。

 

その中から投資信託を選択します。現在最も人気がある投資信託の一つがeMAXIS Slim 全世界株式です。Fund of the year2020で第1位になった投資信託です。

 

次に投資信託を毎月いくら購入するか決めます。我が家はいま毎月23万円です。5千円でも1万円でも好きな金額を設定できます。各家庭の事情に合わせて設定してください。無理せず5千円や1万円から始めるのが良いんじゃないかと思います。

 

個人でできないたくさんの企業に投資できる

投資信託はたくさんの企業に投資をしてくれて、だいたい100企業前後が多いのではないかと思います。個人で100企業に投資をしようとしてもなかなかできることではありません。

 

理由は多額の投資金額が必要になることと、時間的に多くの企業を調べることができないからです。

 

毎月1万円の投資を考えると、投資信託なら買えますが個別株はほとんど買えません。100社の企業の財務分析をしようとしても1日1社と仮定しても3ヶ月ちょっとかかります。そんなのこれから投資を始めようとしている人には無理です。

 

投資信託は多くの企業に投資ができるので、分散という効果もあります。

 

分散とは損するリスクを減らしつつ、儲けられる確率をあげるという考えです。100社のうち1社が潰れても1%しか影響がないですよね。1万円投資して1%だと100円なので傷は浅いです。

 

たくさんの企業に投資できるということが投資信託の大きなメリットです。

 

投資信託のリスク

これまで良いことばかり書いてきましたが、悪い面もあります。主に3つ説明しますので理解した上で投資を始めると安心かと思います。

 

価格が暴落する

コロナショックやリーマンショックなど株価が暴落することが10年に1度起こっています。ほぼすべての株価が下がります。-50%くらいになった株もたくさんありました。

 

〇〇ショックだと投資信託も暴落します。たくさんの企業に分散投資してリスクを抑えているとしても、耐えられません。ほぼすべての企業の株価が下がっているからです。

 

株価が大きく下落して、損失が大きくなると怖くなって売ってしまいたくなります。1万円でも損している状況は精神的にきついです。

 

しかし投資信託は長期目線で投資をしてほしいです。過去の実績を見るとアメリカ株は右肩上がりで〇〇ショックがあっても回復してその後さらに株価上昇しています。

 

投資信託で損失が出ても売らずに保有し続け、子供の大学資金や結婚資金、老後の資金にしてほしいです。

 

手数料がかかる

投資信託はファンドというプロが運用してくれるので、ありがとう代として手数料を支払う必要があります。

 

投資金額の0.1%〜1%くらいです。100万円投資していたら、1千〜1万円が手数料として毎年払います。

 

損している気分になりますが、それ以上の分散投資・自動積立などメリットがたくさんありますのでコスパは良いと思っています。

 

投資信託の中には購入手数料で2%、信託報酬料で2%とたくさん手数料を支払わなければいけない商品があります。これは気をつけなければいけませんが、三菱系のeMAXIS Slimシリーズは良質な投資信託として定評があります。迷ったらこちらをオススメします。

 

運用会社が破綻する

ファンドが破綻したらどうなるのでしょうか?実は投資家は守られ損しないので大丈夫です。

 

仕組みが複雑で、ファンドって何?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、投資信託の運用に関わる企業が破綻しても投資家は守られるので安心してください。

 

ちなみにメジャーな投資信託を選べば滅多にありません。

 

まとめ

ポイント

投資信託とはプロが選んだ株式の詰め合わせ

個人でできない分散投資を少額でできる

投資家は運用会社に手数料を支払う

 

-インデックス投資

© 2021 ちゃぴ太郎 Blog Powered by AFFINGER5