インデックス投資

投資信託のおすすめ3選!初心者でも平均点を目指せる

困ってる人
将来のお金のために投資信託を買いたいけど、何買おうか迷うな。おすすめの投資信託って何があるんだろう?選ぶ基準があれば知りたい。

 

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

・投資信託を選ぶ基準

・おすすめの投資信託を3つ紹介

・投資信託を買うならつみたてNISAがオススメ

 

本記事の信頼性

この記事を書いている私は、投資信託を継続的に購入して3年目です。投資信託には合計で100万円くらい投資しています。コロナショックで大きく資産を減らしましたが、現在は回復して8万円以上の利益が出ています。

 

おすすめの投資信託3選を紹介していきます。

 

紹介する投資信託はどれも人気があり、今年から我が家で全力購入する3つです。

 

私個人としては10年単位の長期でこれらを買って損するなら仕方ないかと思える商品です。

 

おすすめの投資信託ならプロと同じくらいのリターンが狙える投資ができますよ。

 

3分で読めるので、おすすめの投資信託を知りたい方は最後まで読んでみて欲しいワン!
ちゃぴ太郎

 

投資信託ってなに?というかたはこちらの記事を読んでください。

 

投資信託を選ぶ基準

投資信託を買うための基準は人それぞれですが、まだ何も基準がないよっていう人は以下の3つについて考えてください。

✔︎投資で増やすお金の目的は何か?

✔︎投資したお金が半分になっても耐えられるか?

✔︎コストが少ない投資信託

 

投資は”絶対に”儲かることを保証してくれません。投資しても損してしまうこともたくさんあります。

 

リーマンショックやコロナショックで30%以上価値が減ってしまうこともあるんです。実際リーマンショックでは買うタイミングによって100万円が60万円になりました。

 

せっかく投資した100万円が40万円も損した状況は精神的にきついです。

 

このときにもういやだーと売ってしまう人が多いです。狼狽売りと言ったりします。

 

しかし歴史を見ればS&P500などの指数は右肩上がりなので、保有し続けることが大切です。

 

ちゃぴ太郎
大きな損をしているときに保有し続けることが難しいんだワン!

 

私はコロナショックでロイヤルダッチシェルは20万円が10万円になりました。−50%です。きつかったですねー。

 

しかも2020年って石油はダメ、脱炭素社会を目指すためにクリーンなエネルギーを世界的にやっていこうという流れでした。

 

売ってしまおうか本気で悩んだんですが、売らずに現在まで保有し続けています。現在は-6%の損失まで戻してきており、保有し続けてよかったなーと心の底から思っています。

 

私には高配当株は買ったら一生保有し続けるという投資の基準があったからです。もし単純に投資で儲けたいとしか考えていなかったら、−50%になったとき売っていたと思います。テスラやZOOMなど1日で+10%になるなど、大きな利益が狙える株はたくさんありました。

 

だから皆さんにもぜひ自分の中で投資の基準を持って欲しいと思います。

 

投資で増やすお金の目的は何か?

資産形成では目的と目標金額を決めることが重要です。投資信託を購入する前に考えてみて欲しいです。

 

将来が不安だからなんとなく投資していても、自分の投資が良いのか悪いのか判断できません。

 

例えばなんとなく投資をし始めて毎月1万円を20年間、年率5%で運用できたとしたら、411万円です。

 

自分の目的が子どもの大学資金なら大丈夫そうですが、自分の老後資金なら心許ない金額ですよね。

 

何のために貯めるか、それにはいくら必要かを考えてみてください。目標金額が決まったら毎月いくら投資すれば良いかは金融庁のHPで簡単にシミュレーションできます。

 

30歳の人と60歳の人では投資信託に求めるリスクとリターンが違います。

 

30歳は積極的に資産を増やしたい、60歳はリスクを抑えて資産を守りたいのではないでしょうか。

 

投資信託には守りの商品と攻めの商品があるので、調べてみてください。私も後日記事を書く予定です。

 

投資したお金が半分になっても耐えられるか?

投資信託でも同様で経済危機の局面では、自分の投資金額が半分近く減ることもあります。100万円が50万円になったとき耐えられるかを考えてください。

 

リーマンショックでは-52%下落しましたし、コロナショックでは−33%下落しました。

 

20代や30代であれば、あと5年ほど保有し続ければ、元の価格まで上がるだろうと予想はできます。なので積極的にリスクを取って利益を狙いにいきます。

 

しかし60歳であれば老後資金のための投資だったのにまさかの半分になるなんて耐えられませんよね。なので守りの投資をしなければいけません。リスクを抑えた投資信託もあるのでそれを買いましょう。

 

投資信託には60歳で選ぶべき商品と、30歳で選ぶべき商品は違います。

 

60歳では〇〇ショックが起きても資産が減りづらい債権や金などに投資をした方がいいんです。

 

30歳の方がリスクを取れるので、リターン8%以上を狙いに行けます。5〜8%のリターンが市場平均と言われています。それを超えるリスクをとりにいく感じです。

 

コストが少ない投資信託

どの投資信託を選ぶことになっても、コストが少ないものを選んでください。

 

投資信託のコストは3つあり、購入手数料、信託報酬、信託財産留保額です。

 

ポイント

購入手数料:ゼロ

信託報酬:0.3%以下

信託財産留保額:ゼロ

 

もちろん手数料が高くても良い投資信託はあります。

 

ひふみプラスという商品は信託報酬が約1%と高いですが、2012年にできてから約5倍の価格になっています。

 

リスクとリターンは同じくらいになるんですが、コロナショックも難なく乗り越えてい優秀な投資信託だと思います。

 

初心者は無難に手数料が安い投資信託を選択した方が安心だと思います。

 

おすすめの投資信託3選

総合力が高い3つのおすすめ投資信託を紹介します。ちゃぴ太郎が2021年から購入する3つでもあります。毎月末に運用実績を報告しますので、月末も是非見にきてください。

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

一つ目はeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)です。2018年7月から販売されています。

 

おすすめポイント

①アメリカの選ばれた500社の株価に連動

②2年半で35%基準価額が上昇

③低い手数料

 

S&P500とはアメリカの選ばれた500社の株価に合わせて動く指数です。S&P500指数が上がれば、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の価格も上がるようになっています。

 

指数って何?っていう方は日経平均みたいなものと思ってください。日本の株が上がれば日経平均も上がる感じです。

 

S&P500指数は長い期間で上昇を続けており、世界で最も有名な指数の一つです。

 

実際にeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が商品として登場した2018年7月から2021年1月まで見ても+35%上昇しています。

 

2年半で35%も資産が増えると思うとめちゃくちゃ良いですよね。

 

詳しくは下のチャートをご覧ください。横軸が年月日、縦軸が投資信託の基準価額です。青い線を見ると右肩上がりで価値が上昇しています。コロナショックで大きく下がりましたがその後持ち直し、現在は過去最高値付近にいます。

 

 

S&P500の企業はアメリカの中で選ばれた500社だと思ってください。

 

しかし時間が経つと衰退する企業が出てくる懸念があります。そのときは魅力的がなくなった企業を500社から外し、新しく成長してきた企業と交代します。

 

最近だと電気自動車の先駆けとなったテスラ社が入りました。

 

時代の変化に合わせてくれるのがS&P500のいいところです。継続的な成長が見込める企業が集まっているので、S&P500指数も右肩上がりできています。

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を購入しておけば、時代に合ったアメリカの代表的な500社に投資をしていることとだいたい同じになります。

 

こんなに魅力があるのに手数料(信託報酬)は投資額の0.0968%しかかかりません。100万円投資しても1000円の手数料だけです。

 

投資の神様と言われるウォーレンバフェットも妻にS&P500指数に連動したものを買うことを遺言のように言っています。

 

楽天全米株式インデックスファンド

楽天全米株式インデックスファンドはアメリカ企業3500社くらいの詰め合わせになっています。2017年9月から販売をしています。

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)でも十分分散できていますが、リスクをさらに抑えたいなら全米に投資をした方が良いです。

 

アメリカの国が成長し続ける限り、全米に投資をしていれば、自分の資産も同じく成長してくれます。

 

 

手数料は0.162%なので、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)より少し高いです。ですが0.2%を下回っており、かなり低水準の手数料です。

 

3つのなかではミドルリスクミドルリターンの位置付けです。

 

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)は30年など長期の投資にオススメです。

 

30年もあればもしかしたらアメリカが衰退して中国やインドの株式がめちゃくちゃ上昇するかもしれません。

 

30年後の2051年は、国力を表すGDP(国内総生産)で1位中国、2位インド、3位アメリカと予想されています。

 

なのでアメリカだけに投資していると、あまり株価が上がらず、資産形成が思ったようにできない可能性が出てきます。

 

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)で全世界に投資するのであれば、アメリカが衰退して中国が伸びたとしても、恩恵を受けることができるんです。

 

 

手数料は0.1144%と非常に低水準です。

 

全世界の企業から株式を売買しなければいけないので、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)より少し割高ですが、全世界に分散している投資信託の中では最低水準の手数料です。

 

3つの中ではローリスクローリターンになります。

 

ちゃぴ太郎の投資信託の実績を公開

2018年からつみたてNISAで購入している投資信託の実績を公開します。

 

私が買い始めた時はeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)がなかったので、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスを購入しました。

 

まだ投資が始められない人へ、少しでも参考になればと思います。

 

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

私は投資信託への投資を2018年からSBI証券で始めたんですが、そのときはeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)も、楽天全米株式インデックスファンドも、eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)もありませんでした。

 

当時最良だと感じたeMAXIS Slim 先進国株式インデックスに投資をしてきました。投資額は平均で約1万円/月ずつ投資をしてきて、実績は以下になります。

 

 

2016年以降はトランプ相場と言って株価は上昇を続けており、2018年に購入した分は+27%も上昇しています。

 

全体では+17%上昇しており、利益額は5万円です。つみたてNISAで購入していて税金が非課税なので、本来5万円の利益が出たら税金1万円かかるんですが、取られません。

 

この記事で紹介した投資信託3選は最近から購入し始めました。つみたてNISAで毎月3.3万円買っていきますが、3つとも均等に毎月1.1万円です。

 

自動積立なので自分で操作せずに勝手に買ってくれるので、楽ちんです。

 

SBI証券で私は投資信託を購入しています。ご興味がある方は資料請求などご検討ください。

 

投資信託ならつみたてNISAがおすすめ

投資信託はつみたてNISAで購入するのがおすすめです。

 

理由は2つあります。

①20年間非課税

②長期分散積立という投資の基本を自動で行ってくれること

 

それぞれ説明していきます。

 

20年間非課税

ちゃぴ太郎の投資信託の実績公開で少し説明した通り、利益が出たら約20%税金がかかります。

 

私の例だと今5万円の利益が出ているので、売却したら5万円の20%である1万円が税金として引かれてしまいます。

 

もう少し詳しく説明します。

 

30歳で10万円でeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を購入し、その後は追加購入も売却もせず20年間ほったらかしにしたとします。

 

50歳で10万円が100万円になっていたとします。非課税期間の20年間が終わる年なので100万円で売っても利益90万円がそのまま手取りになります。しかし売らずにさらに10年間ほったらかしたとします。

 

60歳で100万円が150万円になっていたとします。非課税期間が終わった50歳から60歳までの利益は50万円です。この50万円には税金が約20%かかり、手取りは40万円になります。

 

非課税期間の利益90万円には税金がかからず、20年後以降に出た利益は税金が取られる仕組みになっています。

 

20年間の非課税って本当に効果が大きいんです。

 

長期・分散・積立を自動

つみたてNISAの狙いは、長期・分散・積立という、投資の世界で成功確率が高くなる方法を実践してほしいからです。

 

長期は20年間非課税、分散は投資信託(株の詰め合わせ)、積立は毎月一定額購入です。

 

私が使用しているネット証券では、つみたてNISAで購入する投資信託の種類、毎月の積立額を選択でき、あとは口座にお金さえあれば全自動で投資をし続けてくれます。

 

自動っていうのがポイントです。自分で毎月購入するとなると手間がかかり面倒ですし、価格が下がったところで買おうとスマホで投資信託の価格をチェックしたりしてしまいます。

 

自分でタイミングを見計らっても自動で買っても、20年間で見るとリターンは変わらないです。

 

自動的に任せてしまった方が楽に資産形成ができるのでオススメです。

 

SBI証券で私はつみたてNISAを口座開設しています。ぜひご検討ください。

 

まとめ

おすすめの投資信託3選

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

楽天全米株式インデックスファンド

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)

 

投資信託を買うならつみたてNISAで長期・分散・積立を実践し、自動的に積み立てると手間をかけずに資産形成ができる。

 

ちゃぴ太郎
つみたてNISA口座を開設するワン!

-インデックス投資

© 2021 ちゃぴ太郎 Blog Powered by AFFINGER5