インデックス投資

iDeCo(イデコ)の隠れた最大のリスクである特別法人税を解説!

 

困ってる人
iDeCoの特別法人税って何?なんか損しそう。リスクとって投資してるのに嫌だなぁ。

 

こんな疑問を解決します。

 

本記事の内容

✔️iDeCoの特別法人税を解説し、

✔️特別法人税のリスク回避を知って

✔️iDeCoをやるべきです。

 

本記事の信頼性

この記事を書いている私は、iDeCo(イデコ)を初めて2年以上です。これまで32.4万円積み立てており、執筆時点で資産額が38.7万円なので、+20%くらい資産が増えています。その他、米国株の取引もしています。

 

iDeCo(イデコ)の特別法人税を解説し、どうしたらリスク回避ができるか紹介します。

 

2分で読めるので、iDeCo(イデコ)の特別法人税を知りたい人は最後まで読んでみて欲しいワン!
ちゃぴ太郎

 

iDeCoのことをまだ知らない人はこちらの記事を読んでください。

大きいコインの上に人が座っている
参考個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)とは?制度を解説!

続きを見る

 

iDeCo(イデコ)の特別法人税とは?

iDeCo(イデコ)の特別法人税とは、積み立てているお金の全額に1.173%がかかる税金です。

 

私の場合、年間14.4万円を積み立てているので、1年目で約1,700円が税金で引かれます。

 

利益が出ていようと損していようと、積み立ててきた全額に税金がかかります。

 

特別法人税は毎年取られる税金です。2年間積み立てて28.8万円になったとすると、約3,400円が特別法人税として引かれます。

 

困ってる人
えっ、かなりきつい。みんな毎年1.173%も税金を払ってるの?

 

実は特別法人税は1999年から現在まで凍結されていて、いまは特別法人税を払わなくて大丈夫だワン!
ちゃぴ太郎

 

凍結期間はだいたい3年ごとくらいに見直されますが、これまで凍結が延長されています。

 

特別法人税はiDeCo(個人型確定拠出年金)だけでなく、企業型確定拠出年金にもかかります。

 

もし特別法人税の凍結が解除されると1,000万人以上に影響があります。

 

政府はiDeCoやNISAの制度を活用して老後の資産形成を促しているので、水を刺すような特別法人税は復活しないのではないかと考えています。

 

iDeCo(イデコ)の特別法人税のリスク回避

 

困ってる人
iDeCoの積立額から特別法人税1.173%が引かれるようになったら、損しそう。

 

たしかに損する可能性は高くなるワン!
ちゃぴ太郎

 

特別法人税のインパクト

iDeCoで買える投資信託の世界で、1%の手数料(特別法人税、信託報酬、売買手数料など)はあまりにも大きいです。

 

iDeCoでは約20〜40種類の投資信託などが商品として用意されています。

 

iDeCoの口座を開設する証券会社によっての種類や数は違いますが、どれも政府の基準を満たした商品です。

 

しかし元本保証の商品、例えばSBI証券で購入できる【第一のつみたて年金保険(5年)】は利率が0.045%です。

 

投資したお金が減らないのでリスクはほとんどないメリットはあるんですが、特別法人税1.173%を大幅に下回ります。年間1.1%ずつ元本が減っていくことが確定します。

 

困ってる人
楽天銀行の金利のほうが良いってどうゆうことだ?

 

特別法人税ありでもiDeCoで利益を上げる方法

 

困ってる人
特別法人税があっても利益を上げる方法ってあるのか。

 

特別法人税の1.173%を超えるリターンの商品を購入するしかないワン!
ちゃぴ太郎

 

S&P 500や全米、全世界に分散投資する投資信託を買うことが最適解だと考えています。

 

過去のリターンはS&P500指数だと年率7-8%です。7-8%は平均値なので、暴落する年も暴騰する年もあります。

 

リーマンショック後から現在までのS&P500指数のグラフをみてください。この10年は好調だったので値が3倍以上になっています。

 

 

iDeCoは60歳からしか受け取れないので、30歳から始めれば30年間、40歳から始めても20年積み立てていく長期戦です。

 

長期戦は大変ですが、損する確率を下げることができる方法です。

 

ドルコスト平均法とか時間の分散とか聞いたことあると思います。

 

これなら特別法人税1.173%が毎年取られたとしても、リターンは数%得られると考えています。

 

リターンが1.173%以上減るのは防げないから悔しいけど仕方ないワン!
ちゃぴ太郎

 

私はiDeCoを継続します

 

困ってる人
ちゃぴ太郎はiDeCo続けるの?非元本保証って損する可能性もあるから怖いじゃん。

 

継続するワン!株式投資の歴史で「長期・分散・積立」が、素人でもリスクを抑えつつリターンが期待できる方法だから従うまでだワン!
ちゃぴ太郎

 

確かに非元本保証なので損する確率もあります。

 

しかし歴史に学ぶとS&P500指数はずっと右肩上がりの上昇を続けており、リーマンショックやコロナショックも乗り越えています。

 

10年、20年、30年後の未来は誰にもわかりませんが、いまできる最適な手法だと思います。

 

iDeCoは拠出金の所得控除もあるので損する確率は低いと考えています。

 

老後の2,000万円問題に不安を感じている人がその不安を解消するためには、年収を上げるか、支出を減らすか、資産に働いてもらうか、宝くじを当てるかです。

 

困ってる人
どれをやれば良いんだよー。

 

できるもの全部だワン!!!
ちゃぴ太郎

 

まだiDeCoの口座を開設していない人は3つの証券会社がオススメ!ぜひホームページを見て検討してみて欲しいワン!
ちゃぴ太郎

 

松井証券

※取扱商品TOPの40本。人気商品のeMAXISSlimシリーズが最多。

SBI証券

※取扱商品は37本。信託報酬が低い投資信託が多い。

楽天証券

※取扱商品は32本。条件を満たせば楽天市場のSPU+1倍。

-インデックス投資

© 2021 ちゃぴ太郎 Blog Powered by AFFINGER5