米国株

【米国株の基本】アメリカの株式市場の特徴を解説!

 

困ってる人
ナスダックやダウ平均株価などのワードは聞くけど、実はよくわかってないです。アメリカの株式市場の基本が知りたいです。
ヨコ文字ばかりでわかりづらいし、海外だから難しいイメージがあるけど簡単だから説明するワン!
ちゃぴ太郎

 

【結論】

✔️米国株式市場は2つ

  ・ニューヨーク証券取引所(NYSE)

  ・ナスダック(NASDAQ)

✔️NYSEとNASDAQは全世界の40%超

✔️日本企業も米国株式市場に上場

✔️米国株は証券口座の開設して購入

✔️米国株を買える時間

  ・23:30〜6:00(11月〜3月)

  ・22:30〜5:00(3月〜11月)

 

 

それでは詳しく解説していきます。

 

米国株式市場はニューヨーク証券取引所(NYSE)とナスダック(NASDAQ)の2つ

 

ちゃぴ太郎
株を買ったり売ったりできるところを株式市場と呼び、アメリカはニューヨーク証券取引所とナスダックという2つがあるワン!。

 

ニューヨーク証券取引所はNYSEと表記されることが多いです。New York Stock Exchange の頭文字を取ったものです。

 

最も審査が厳しいと言われており、世界の超有名で優良な企業があります。身近な企業を例にすると、コカコーラ(KO)やP&G(PG)です。

 

ナスダックはNASDAQと表記され、National Association of Securities Dealers Automated Quotations の頭文字です。

 

高成長が期待できる新しい企業が多いのが特徴です。Google(GOOG)やAmazon(AMZN)はナスダックです。

 

企業がNYSEかNASDAQの株式市場に上場することで、ちゃぴ太郎のような一般の投資家が上場した企業の株を売買できるようになります。

 

コカコーラ(KO)の”KO”とはティッカーシンボルといって、省略した名前と思って良いと思います。

 

NYSEとNASDAQの時価総額は全世界の40%以上で圧倒的1位

2020年時点

・米国株式市場の時価総額は世界の40%以上を占める

・米国株式市場の時価総額は4,000兆円くらい

・日本の全取引所の時価総額は650兆円くらい

 

米国株式市場の規模は全世界で圧倒的に大きいです。

 

世の中の役に立っていて価値のある企業がたくさんあるので、日本の投資家にも米国株投資は人気です。

 

価値がある企業は今後も成長していけば、株価も上昇していきます。

 

日本の企業も米国株式市場に上場している

トヨタやソニーといった有名な日本企業は、日本の株式市場だけではなく米国株式市場にも上場しています。

 

米国株式市場のほうが規模も大きく、投資家からお金が集まりやすいからです。アメリカでの知名度も上げる狙いもあります。また上場の審査が厳しいNYSEで上場できているということは信頼できる企業だという証明にもなります。

 

しかし上場を維持するための費用が、数億円単位で発生してしまう点がデメリットです。

 

個人的には日本企業は日本の株式市場だけに上場すれば良いと思ってます。

 

米国株を購入するには証券口座の開設が必要

困ってる人
米国株式市場についてなんとなくわかりました。でもどうやったら私も米国株を買うことができるんですか?

 

証券口座を開設して、お金を入れれば米国株を買うことができます。

 

証券会社はたくさんありますが、私はネット証券会社をお勧めしています。

 

理由は米国株を売買するときの手数料が安いからです。

 

多くのネット証券会社の手数料は0.45%です。100万円分の株を買ったら、4,500円の手数料を払います。

 

困ってる人
手数料高いですね。。。

 

0.45%は業界で一番安いワン!2年くらい前までもっと高かったワン!
ちゃぴ太郎

 

 

SBI証券と楽天証券をメインで使用しています。

 

資料取り寄せ→用紙記入→返送→承認→口座開設完了です。

 

米国株を買える時間はいつ?

アメリカ東部の時間で9:30〜16:00です。昼休みはなく、時間内はずっと買ったり売ったりできます。

 

日本とアメリカは時差があるので、日本時間は以下の通りです。

  • 22:30〜翌朝5:00(サマータイム:3月の第2日曜日から11月第1日曜日まで)
  • 23:30〜翌朝6:00(サマータイム以外)

 

日本で買おうと思うと夜から早朝なので辛いですね。

 

まとめ

【結論】
アメリカの株式市場はニューヨーク証券取引所(NYSE)とナスダック(NASDAQ)の2つがある
NYSEとNASDAQを合わせた時価総額は全世界の40%以上で圧倒的1位
日本や中国、ヨーロッパの企業もアメリカ株式市場に上場している
米国株を買うには証券口座の開設が必要
米国株を買える時間は23:30〜6:00(11月〜3月)、22:30〜5:00(3月〜11月)

 

 

-米国株

© 2021 ちゃぴ太郎 Blog Powered by AFFINGER5